授業準備はなくならないけど

日本語教育の実習を最初の教歴だとすれば、この界隈に入って、そろそろ10年です。

10年と言っても、週あたりのコマ数、担当した授業の種類などはいろいろです。フルタイムで日本語を教えていたのも6年ぐらいで、しかも海外でしかありません。それ以外はボランティア・プライベートなどです。3か国+日本で仕事をしていましたが、毎回教科書が違うので、いわゆる初級で教えられるような内容を全て制覇していません。(;・∀・)

授業準備は時間は短縮されても、なくならない

わたしは職場を転々としています。これは今後も変わらないスタイルだと思います。ですから、永遠に授業準備はなくならないと思っています。

教師になりたての頃は、確かに何時間も唸りながら準備をしていました。それは「知識の整理・補充(勉強)」と「授業の組み立て(教案作成)」を両方やっていたからです。

ただ準備に時間がかかって嫌だなと思うことはありませんでした。むしろ、年齢が近い学生や年上に教えていたこともあり、「プロを装わなければ負ける!」と思っていたところもあったと思います。「負けたらどうしよう…」みたいな不安のほうが強くて…。(@_@)学生と戦ってたんですかね。

もともとの性格もあるかもしれません。調べたり、考えたりすることは苦痛ではありません。むしろそこが面白いのです(プロを装うには必要だし…w)。今になってみれば、そこで積み上げたことが役に立っています。「知識の整理・補充」の蓄積ができて、調べなくてもわかることもあり、よくある質問も推測でき、準備時間が短縮されていきます。

また、「授業の組み立て」も慣れみたいなものです。文法ならこのパターン、聴解ならこのパターンと決まってきます。パターンに内容を当てはめていけば、教案はそこまで悩まずに済みます。そのうち、体が覚えているなんてこともあります。もちろん新しい科目を教えるときには、またゼロからですけどね。

時間の短縮はできても、「知識の整理・補充」も「授業の組み立て」も、なくなるわけではありません。

まず、教えたことがないことは必ず存在します。そうしたら、わたしは過去と同じように、結構時間をかけます。ただ、そのときもすでに関連する内容を教えていれば蓄積が役立つので、まったくの素人よりは早いはずです。

それから、教える相手によって、やり方を変える必要も出てきます。

教案をためておけばいいのにできない!

「教える相手」が私にとっては重要です。同じ内容を2クラスに教えていたときがありました。クラスの人数、レベル、学生のノリ、などなど。初回は平均的なことをしますが、2回目以降はクラスの色に合わせていきます。(余談ですが、「学生のノリ」というのは、冗談の通じ具合、知識欲があるか・楽しさ重視か、学生同士の仲の良さなどです。)

そういうこともあって、同じ内容を教えるときに、以前作った教案をそのまま使うことはありません。本当はもうちょっと貯めとけばよかったな~と思っています。最近はできるだけデータに残して、教えたあとに追記していることもありますが…。

教案と教えた相手を思い出せば、「あのクラスで教えたときはこうだった」みたいな個人的な記憶は呼び覚まされるんです。成功も失敗も思い出せます!(^o^)そうしたら、新しい教案でも、また書くのは楽だと思います。同じことをするかしないか選べるのです。

ゆる~く長い目で

大変さを強いるつもりはないですが、どうしても最初の1~2年は大変さを感じると思います。ただ、1年目より2年目、2年目より3年目…という感じで、慣れていくことで、少しずつ大変さは軽減します。これだけは保証します。

軽減しない感じるとしたら、それは「同じことを教えていない」からです。ただ、それは「知識の整理・補充」がゼロだからですよね。「授業の組み立て」は大きく変わらないはずです。また、教えるということへの慣れもあります。自分のことで精一杯な1年目から、学生の反応が少し予想できる2年目という感じです。

同じことを教えているのに軽減しないとしたら、それは「改善したい」とか「今の学習者に合わせたい」という教師として大切なことに目が向いているということです。ただ、ゼロから作り上げるのに比べれば、それだけ考える余地があるんです。

苦労はつきものですが、そこで自分が成長できているんです。自分を褒めましょう!(^_^)あと、たまに「手を抜いちゃったな」と思っても、自分を責めないで、次の日に挽回しましょう!

わたしはストイックに打ち込むことが好きなのでいいですが、そうでない人のほうが多いんだなと最近感じています。だから、他者にストイックさを要求しないように気をつけています…(+_+)じゃ、どうするか…ということを次に考えたいと思います。

談話練習・練習Cの流れ

導入やドリルが終わったあと、『みんなの日本語』で言えば練習Cを行うと思います。呼び方は学校や機関によっていろいろあると思いますが、ここでは「談話練習」と呼ぶことにします。

『みんなの日本語』の本冊の冒頭に以下のような記述があります。

練習Cは文型が実際にどのような場面、状況の中で、その機能を果たすかを学び、発話力につなぐための短い会話ドリルである。単にリピートするだけでなく、モデル文の代入肢を変えたり、内容を膨らませたり、さらには場面を展開させたりする練習を試みてほしい。

(;・∀・)言わんとすることはわかる…でも、どうやっていいのやら。

いろいろなやり方はあると思いますが、もうちょっと掘り下げてやってみたいですよね。先生方向けに模擬授業をやったので、それを含めて談話練習の方法を紹介したいと思います。

談話練習の位置づけ

談話練習の具体的な内容に入る前に、談話練習が授業のどの段階に位置するのかを明確にしておきます。『みんなの日本語』(=文型積み上げ式)のオーソドックスな流れに合わせると、次の位置になります。

導入→文型整理→ドリル・練習→談話練習

つまり、理解し、言い回しに慣れるところが終わって、「文脈の中で使える」ようにしましょうという段階です。「文脈の中で使える」…これが談話練習の目的です。それを踏まえて、進め方を見ていきたいと思います。

談話練習の基本的な流れ

『みんなの日本語』で言えば、練習Cということで進めていきますが、「談話練習=練習Cを使わなければならない」ということではありません。「使いにくい」「場面がわかりにくい」「目の前の学習者に合っていない」ということであれば、ぜひ自分で作ってください!

ただし、まだ自信が無い方、時間がない方、不精な方(笑)は、練習Cを使うとよいです。教科書にも絵がありますし、『みんなの日本語1 教え方の手引き2  教え方の手引き』に付属しているCD-ROMにも入っています。使えるものは使うという考えも良いのです!(^O^)

さて、基本的な流れは以下のとおりです。

  1. 絵を提示して、場面を確認・説明する。
  2. 絵から会話内容を推測させる。
  3. モデル会話を提示する。話の進め方や表現の確認をしてから、リピートする。
  4. 2~3つの練習問題を行う。
  5. モデルをベースに会話を発展させる。
  6. 発表・フィードバック

くわしく見ていきます。

1)絵を提示して、場面を確認・説明する。

会話は唐突には始まりません。場面があって、初めて言いたいことや会話が発生します。ですから、まず場面の確認をします。

どこで話しているのか(職場?学校?道端?)、誰と誰が話しているのか(わたしと教師?上司?後輩?友達?知らない人?)、どんな状況なのか(雑談?依頼?断る?喜怒哀楽は?)などです。

絵を見せながら、学習者に問いかけてもいいですし、解説しても良いでしょう。

2)絵から会話内容を推測させる。

場面を理解したあと、練習Cの画像を見せます。冒頭の絵のような感じです。

ここで教科書は閉じておきます。なぜなら、絵から話を推測させるからです。

実際の会話では、自分で何を言うか考えて、自分が今言える言葉・表現で、自分の口から伝えていかなければなりません。答えなんて1つじゃありません。「自分で」という要素を授業にも取り入れなければ、「話せる」ようにはなりません。

また、会話はパッと言えることが重要なので、ここで長々と考える時間を与える必要はありません。わたしは1分しか与えません。テンポよく行きましょう!

その後、いくつかのペアに発表してもらいます。モデル通りでなくてもいいので、場面にあっていて、スムーズならそれで良しとしましょう。

3)モデル会話を提示する。話の進め方や表現の確認をしてから、リピートする。

(2)では、良いものもあれば、推測が及ばないものもあると思います。ですので、ここで一旦モデル会話を提示します。間違いのない流れを見せるためです。ただし、「これが絶対的に正しい」というふうには教師側も学習者側も思わないようにしなければなりません。(2)の活動が死にます!(笑)

学んだ文型を自然な流れでどう使うかを見せたり、話の進め方(前置きがある、最後にお礼を言う等)、フィラーやあいづち、応答、文末表現など会話ならではの要素を確認しましょう

それから、一度モデルをリピートします。会話が苦手な人はまず覚えることで、このあとの練習への安心感にも繋がりますが、「覚えなさい」とは言いません。口慣しをテンポよくしながら、染み込んでいく感じでやりましょう。

リピートも細かい段階を踏みます。

1.教師の発話に続いて、全員でA→B→A→B。
2.AとBに分けて、教師の発話に続いて各自担当箇所を言う。
3.教師の発話なしにして、思い出しながら各自担当箇所を言う。
4.隣の人と確認する。(2番で隣同士をAとBにしておくといい)
5.逆パートにして、2~4番を行う。

上にスライドのサンプルを載せましたが、1・2・4番は絵のみを示します。3番は、少しだけヒント(文の空欄)を与えながら、徐々に減らしてスムーズに言えるようにしていきます。どのくらいヒントを与えるかは学習者のレベルによって変えてみてください。注意する点は「読ませるのではない」ということです。思い出すための手助けであることを忘れないでください。

4)2~3つの練習問題を行う。

練習Cは例題以外の問題があります。初級1では3問、初級2では2問あります。

絵を見せて、会話を練習させましょう(文字は不要)。考えて言う必要はありますが、基本はモデルに合わせれば言えることです。ここはサラッと行いましょう。

私は各問に1分の制限時間を設けます。2問ある場合は、それぞれを1分で練習させたあとに、発表の時間を設けます。複雑なことはないので、全員の発表は不要です。そのかわり、机間巡視は1分の間にして、困っていないか、言えているかどうか見ましょう。

5)モデルをベースに会話を発展させる。

ここが一番大切です!ここに行くまでが長いと感じたかもしれませんが…(;・∀・)

「話せる」という実感を得てもらうのはここからです。会話はモデルのとおりに展開するわけではありません。話すことは自分で選んでいいのです。また、相手はどういう反応をするのか(共感する?嘲笑する?叱る?褒める?)、それはわかりません。

\(^o^)/モデルは言えても話せない!という学習者の叫びに対応しましょう。

では、発展の際にどういう活動が入れられるのか考えてみましょう。

単純にこの絵のように、一部空欄にして自由に言わせる方法もありますが、以下のようなやり方もあります。

・ロールカードを与えて、ロールプレイをする。
各自がロールカードに書いてある指示にしたがって、会話をする活動です。自分が言いたいことを、伝えられるようになります。また、話者の間に情報差があるので相手がどう言ってくるか、実際に会話をして合わせていかなければなりません。会話の終わり方もなあなあにしないように注意したいですね。

・練習問題の会話の前後を考えて、会話を続ける。
5W1Hを意識させて、話を掘り下げていけるようにします。話を上手に膨らませたり、相手の反応をみて、話していけるようにしたいですね。自分の話につなげていくのもアリでしょう。

・会話に分岐点を設ける。
例えば、「誘う」会話で、応じる・断わるといった分岐点があるものです。相手の反応を見て、どうするか次の一手を切り出します。ある程度、展開も予測できるので、難しくはないですが、結構いじわるなことをしてくる相手もいます(笑)

・場面や登場人物を変える。
上下関係や親疎関係を持たせて、文体や表現を変えながら話せるようにしていきます。内容は同じでも、相手によって対応を変えられることは、結構重要です。

・コミュニケーションストラテジーに触れる。
会話が上手くできない場合に、どういう対処ができるかを盛り込みます。わからない言葉が出たら言い換えてもらう、言われたことを聞き返して確認する、聞き取れなかったところをもう一度言ってもらうようお願いする等です。

一度の談話練習で、上記を全て盛り込むことは不可能ですし、必要ありませんし、時間もありません。練習Cの内容によっても、発展的な活動も限られてくるので、どれが使えるか考えてみてください。

発展のさせかたの例(第38課の練習C2)

わたしが模擬授業として行ったものをご紹介します。第38課の「~のを忘れました」の回で、会社帰りにやり忘れたことを思い出し、忘れた本人が会社へ戻るというのがモデル会話です。

まず、2つの展開パターンを提示し、そのとき何と言ったらいいか、答えてもらいました。「相手が一緒に戻ってくれるパターン」と「やり忘れたことが大変だからお願いするパターン」です。特に後者の場合は、お願いしたあとに分岐が生じます。軽く確認します。

次に、忘れたことが書いてあるカードを配ります。カードは練習Cに出てくるキューを3枚と、新しいキュー3枚と、自分で考える白紙カード2枚にしました。(実際に先生方にやってもらうと、白紙カードは難しかったとのことです。白紙カードの内容は事前にペアで書いたほうが良さそうです。(^_^;))

<忘れたことカード>
A:机の鍵をかけませんでした。
B:引き出しに書類をしまいませんでした。
C:パソコンの電源を切りませんでした。
D:資料を1000枚コピーしませんでした。
E:お金を金庫に入れませんでした。
F:今日、ベトナムにカタログを200冊送りませんでした。
G:(自分で考える)
H:(自分で考える)

カードを取って、忘れたことを見て、カードは置かせます(読ませないため)。そして、忘れたことを思い出して、会話を展開させます。相手役も反応をどうするか自分で選ぶように指示しておきます。この会話は終わらせ方は、一緒に行くか、別れるかだけなので、会話を収束させやすいですね。

ペア練習で慣れたあと、カードを数枚持って、いろいろな人と話す練習に移ります。ペア練習だけだと、毎回好きな展開でしか練習しない可能性があります。相手を変えることで、反応が予測できないので、より自然な会話に近づけて練習することができます。

以上です。できるだけ、話す回数を増やしたいと思って作りました。多人数クラスでも、限られた時間で発話量は増えるやり方かな~と思います。

6)発表・フィードバック

最後にモデル以上のいい会話を皆で確認し、「そういうのも言えるな~」と思わせましょう。決まったペアの自薦・他薦は問いません。いなければ、1人指名して、その人に相手役を選んでもらって発表というのもいいと思います。

以前、「発表中の会話を聞かない人がいる」ということを聞きました。それをなくすために、必ず会話を聞いてもらい、内容確認の質問をしてみましょう。上記の例では、「何をし忘れましたか」「2人はこのあとどうしますか」などの質問をしました。

また、フィードバックも教師からだけでなく、学習者から上げてもらってもいですね。良いところ、わからなかったところ、内容への感想など。細かい文法のミスよりも、会話として成立しているかも大切ですね。

「使える」を実感してもらう

談話練習の目的は最初に書いた通り「文脈の中で使えるようになる」ことです。

話すところをメインにしていますが、聞いてわかるというところも含まれています。会話では「話す」と「聞く」は同時に必要な技能ですよね。

私自身、少し前まではそんなに練習Cをうまく使えていなかったと思います。文字化しないと理解させられないと思っていたときもありましたが、「文字にして、果たして話せると言えるのか」という疑問もありました。いろいろな方法を知っていくうちに、話す方向に近づいていけたという感じです。

目的を見失わずに、授業をやりましょう。学習者が授業後に「話せた!」と感じられるようにしたいですね!( ̄▽ ̄)

『わかる「板書」伝わる「話し方」』

栗田正行著『わかる「板書」 伝わる「話し方」』を読みました。

昨年、板書の方法について考える勉強会を行いました。準備をしているとき、EDUPEDIAの「板書の基本スキル「CHALK」(チョーク)の法則」という記事を読みました。非常にわかりやすくまとまっていたので、先生方にも紹介しました。

この本には、上記記事の内容も載っていますし、話し方についても触れられています。日本の学校の教師(初中等教育の教師)向けで、「子ども」を相手と想定しています。日本語教師なら、「子ども」は「日本語学習者」と読み替えれば、9割はしっくりくる内容です。(残りの1割は、外国語教育や外国語学習者には当てはまりにくいと感じたところです)

( ;∀;)感動!じっくり読みましたが、すべてに頷いてしまいました。自分が同じように全て実行できているとは思いませんが、「こうありたい」と思う教師像が描かれていました。

読んだあと思ったのは、「学習者から信頼される教師になる」ことの重要性です。板書一つとっても、きちんと行うことが信頼につながるわけです。その他、一貫した態度であったり、偏りのない接し方であったり、学習者にとってわかりやすい説明をしたり…。筆者も「当たり前のこと」と言っているように、私も「当たり前のこと」だと思いました。ただ、それを意識しているか、していないかで、教師の質としては雲泥の差だろうと思います。

日本語教師も「教師」として、「教育者」として、どう立ち回るかは、教師になった以上、考えなければなりません。言葉や文法の知識だけ学んでも、決していい日本語教師にはなれないと思います。こういう本から学んでいかなければならないですね!

そこに仕事があったから

普通の人でした

大学受験の段階で日本語教師になろうと思っていましたが、海外旅行などの経験は大学生になるまで一度もありませんでした。漠然と数年海外で教えて、日本に戻って、普通の暮らしに戻ると思っていました。

修士論文を終えて、研究職に向いていないと悟り、幸い良い仕事に恵まれ、海外へ…。すべて運がいい・悪いの問題で、ここまでやってきたと思っています。とはいえ、堅実に行きていこうとは思って、仕事はある程度吟味しています…(笑)

結局、仕事はほとんど海外です。自分がこんなふうになるとは、大学時代には全く思っていませんでした。特定の国にこだわりもなく、日本の気質があわないといことでもなく…。「そこ(=海外)に仕事があったから」なんです。

やりたいこと優先

ここまでワガママ人生を送ってきたな~と自分では思っています。一応、暮らす上で問題のないところに行くことは心がけていますが、本当は別に多少危なくてもいいと思っています(笑)

雨ニモマケズ風に言えば、「学ぶ人あらば、行って学ぶ手助けをし」という感じです。どこでもいいんです。そこで自分の持っているものをできるだけ出してみたいと思っています。できれば、自分の知識やスキルも同時にレベルアップさせていきたいのです。

日本にもいるじゃん、って言われればそうなんですが、できるだけ不足しているところに行きたいんです!日本代表とか、日本を広めたいとか、そういう願望はありません。「やりたいな」っていう人がいるから、「行こうかな」と思うだけです。今は別にネットもあるから、わざわざ生身の教師を雇わなくても…という流れがあるのは感じていますが、リアルな繋がりを大切にするのもいいものですよ。

お天道さまはいつも見ている

真面目にコツコツやっていると、後からなにかがついてくるものです。失敗も反省も毎日ありますが、正直者がバカを見るなんてことにはなってほしくないと思っています。真面目にがんばることで、結果はついてくるんじゃないかなと信じています。

わたしの日本語教師人生はあまり他人の参考になるものではありません。ただ、こうして着実にやっていくことが、仕事そのもののステップアップに自動的につながっています。あまり多くの人と手広く関わるのは得意じゃありませんが、身近な人とは良い関係を持つように心がけています。海外で仕事をしていても、国が変わって再会することもあります。やはり、信頼と実績は常に確保しておきたいところです(笑)

 

字はいつもお手本

日本語教師は字をきれいに書けることも1つのスキルだと思います。私は書道を習った経験はなく、学校の書写の時間ぐらいしかやっていません。ただ、昔から文字をきれいに書きたいというこだわりを持っていました。(レタリングも好きでしたね…)

きれいに書くにしても、学習者提示用の字、仕事用の字、メモの字、自分のノートの字は結構差があります。仕事用の字は大人として恥じないというレベルの字ですが、他人の字を見て、「この字を学習者に提示しているとしたら、喝を入れたい!」と思ったことが少なくありません。これは新人教師とかベテラン教師とか関係ないです。

板書は常に学習者が真似をして書いても問題ない字にしたいものです。変な癖をつけてしまうのは教師の影響もあるはずです。教師がこう書いているのに、学習者が自分で書いた文字にバツをつけられたとしたら、「なんでやねん!」と思うでしょう。そういう理不尽なことがおこらないように、きれいな字であることは必須です。

黒板の場合は、チョークホルダーがあると筆圧が入れやすくなり、きれいに書けます。最近まで使ったことがありませんでした。ぐっと力を込められるので、漢字のとめ・はね・はらいも美しく書けます。

シンワ測定 チョークホルダー 白 赤 黄 3本セット

ホワイトボードは、なかなか難しいんですが、わたしは手の側面(小指側)をボードにこすらせながら書いています。安定感が生まれるので、変な滑りを防止できます。ただし、側面が汚くなります(笑)

ホワイトボードマーカーは、アスクルホワイトボードマーカーが好きです。安くて、適度な太さ、長さがあります。教室で使っても、きれいに見えます。自腹でマーカーなんて買わなくてもいいんですが、海外に持っていくときもあります。現地のマーカーに不満があるからですけど(笑)

「先生の字はきれいですね」と言われるように、頑張りましょう!