様態「~そう」と否定表現

語末に「ない」がつく形容詞

否定の意味ではなく、語末に「ない」がつく形容詞は何があるでしょうか。学習者に聞かれたことがあります。『みんなの日本語』で探すと、以下の語が挙げられます。

「つまらない」「あぶない」「きたない」「すくない」

もう一つ、言うならば…「ない」です。

イ形容詞の否定表現+「~そう」(様態)

上記の学習者からの質問は、様態の「~そう」を教えていたときにありました。

a. あのケーキはおいしそうです。

b. このケーキはおいしくなさそうです。

教科書によっては、bのパターンが出てこないと思いますが、わりとよく使いますよね。「おいしい」の場合は、語末の「い」をとって、「おいし」+「そう」となります。ですが、「おいしくない」の場合は、「おいしく」のあとに、「~なさそう」をつけるようですね。教えないため、あまり形の作り方のルールが本に載っていませんね…。

なお、「おいしそうじゃないです」という言い方も可能です。こっちのほうがルールが単純なので、教えやすいでしょう。ただ、ニュアンスは若干異なります。

否定の意味ではないけれど、語末に「ない」がつく形容詞

冒頭であげた「つまらない」「あぶない」「きたない」「すくない」に戻ります。『みんなの日本語』には「つまらない」が出ていて、以下の例文eのようになっています。

c. (B級映画のポスターを見て)あの映画はつまらなそうです。

d. でも、こっちの映画はつまらなくなさそうです。

否定表現ではないので、「つまらない」の「い」を取って、「つまらな+そう」となります。通常のイ形容詞のルールと同じですね。「つまらなくない」にした場合も、問題ないですね。


まとめ:イ形容詞+様態「~そう」のルール

「Aい」 → 肯定 → 「い」をとる → 「A+そう」

「Aい」 → 否定 → 「Aく」の形 → 「Aく+なさそう」


「Vない」+「そう」=?

動詞の場合も見ておきましょう。窓の外を見ています。

e.  風が強いから、いまにも看板が倒れそうだ。

f. しっかり固定してあるから、看板は倒れそう{も・に・にも}ない

g. しっかり固定してあるから、看板は倒れなそうだ。

h. しっかり固定してあるから、看板は倒れなさそうだ。

gは特に問題ありません。f~hの表現も正解です。私が今まで見た教科書では、否定にする場合、よく登場していたのは、fのパターンが多かったと思います。助詞がいろいろあってわかりにくいんですが、「どれか1つのパターンをまず覚えよう」と言い、「~そうもない」の形にして教えていました。

gとhについては、最近はhのように「さ」を入れる傾向にあるようです。私自身、この部分に関しては揺れがあります。正直どっちも使っていると思います。みなさんはいかがですか。

ここで、動詞「ある」の否定形「ない」について見てみましょう。性質は形容詞と同じで、なんとなく厄介です。実際に例を見てみましょう。

i. 服も靴もボロボロだから、あの人はお金がなさそうだ。

j. 木しか見えない。あんな山奥に、人家なんてなさそうだ。

「ない」はgとhと同列に考えることができません。「ない」の場合、「お金がなそう」とは言えないからです。こちらは「さ」が入ったわけではないんです。動詞ですが、例外と言えるでしょう。やっぱり動詞の活用形とは言え、形容詞っぽいですね。

「つまらなそう」か「つまらなさそう」か

動詞については、「最近「さ」を入れる傾向にある」と言いましたが、形容詞のルール「Aく+なさそう」に近づいているからかもしれません。

気になるのが1点。「つまらない」に関しては、「さ」入れが許容されるように感じます。他の語末に「ない」がつく形容詞「少ない」「危ない」「汚い」では、「さ」入れはできません。

c. (B級映画のポスターを見て)あの映画はつまらなそうです。

k. (B級映画のポスターを見て)あの映画はつまらなそうです。

語源に関わることだと思います。形容詞として「つまらない」を見ていますが、もともとは動詞「つまる」の否定形ですよね。だから、「さ」入れもこれだけは可能なのでしょう。

「同じ」は形容詞?

「同じ」はナ形容詞?名詞?なんなの?!

「同じな服」「同じの服」とは言わず、「同じ服」と言う。こういうことでよく誤用が散見されます。

( ´∀`) 「同じ」は「な形容詞」です。
(^o^) は~い!わたしたちは同じな国から来ました。
( ´∀`) 「同じな国」ではありません。「同じ国」です。
(#゚Д゚) 「な形容詞」って言いましたよね。
(´゚д゚`) (うっ…。)

『明鏡国語辞典』(大修館書店)より引用します。

おなじ【同じ】 一 [形動]
1) そのものと少しも違いがないさま。同一。
「出身地が同じだ」「計画も犯行も同じ人物に違いない」
2) 他のものと代わりがないさま。等しい。
「君の時計は僕のと同じだ」「身長が同じだ」「同じ色のシャツ」「右に同じ」

語法
(1) もともとシク活用の形容詞。語幹に「だ」が付いて形容動詞となった。現在も形容詞連用形の「同じく」は盛んに使われるが副詞と見なすことが多い。体言を修飾する場合は語幹を直接使う。
(2) 形容詞の終止形「同じい」も使われることがあるが、現在はまれ。

「もともとシク活用の形容詞」というところが重要です。古語の形容詞はシク活用をします。「をかし」「かなし」「おもしろし」などなど、「~し」というのが古語の形容詞です。この中に「おなじ」や「いみじ」もあり、ジクの形になりますが、シク活用です。(「おなじ」以外に「いみじ」しか思いつきませんでした…)

それを現代の言葉に直すと、「おかしい」「かなしい」「おもしろい」などのイ形容詞です。「いみじ」は現代語で消えたとして、「~じ」で終わる古語の形容詞は「おなじ」しかないのです。イ形容詞の仲間に入れてもらえなかった「おなじい」さん…。語法(2)にもあるように、「同じい」はもはや廃れてしまっていますし。

結論:「イ形容詞とナ形容詞の間の存在」と考える

a. 名詞修飾の場合:【同じ+名詞】 (イ形容詞と同じ)

おいしい魚、同じ魚、悲しい話、同じ話 / 元気な人、特別な話

b. 文末(普通形)の場合:【同じ+だ。】 (ナ形容詞と同じ)

私は元気だ。 この本とあの本は同じだ。 / その魚はおいしい。
元気じゃない。同じじゃない。 / おいしくない。

これと同パターンの形容詞、他にもあるかな?

「形容詞語幹+め」の例外

大きめ、細め、薄め、「濃いめ」

電子辞書を見ながら、(´-ω-`)なんかネタが無いかな~と探していました。『言葉の作法辞典』(学研 2003)というのを読んでみて、気になるものを発見。

「形容詞の語幹+め」:多少そのような傾向や性質を持っていることを表す
*「い形容詞の語幹」と補足しておきます。

大きい → 大き+め → 大きめ
細い  → 細+め  → 細め
薄い  → 薄+め  → 薄め

この項目では、「濃いめ」とは言うが、「薄いめ」とは言わないと書いてありました。「濃い」は例外ということになります。

×濃い → 濃+め  → こめ…(´・ω・`)
○濃い → 濃い+め → 濃いめ

理由は想像できます。「濃い」の語幹は「濃(こ)」一文字だからです。「濃いめのコーヒー」が「こめのコーヒー」では、通じません(笑)辞典は「濃いめ」「薄め」の話だけでしたが、もうちょっと検証してみました。

い形容詞の語幹が一文字のもの

( ・ω・) ほかに形容詞の語幹が一文字のものは無いのか…

「良い(いい・よい)」と「無い(ない)」です。

(´・ω・`) でも、「良いめ」も「無いめ」も変…。

「良い」と「無い」は、例外というよりも、そもそも使われていないものです。冒頭の「~め」の表すところから考えると、「無いめ」が言えないのは分かります。

無いものは無いのです!! \(^o^)/

「無い」は反対語の種類として、「AでなければB/BでなければA」(無い/ある)という言葉です。だから、「多少その傾向がある」ということは示しにくい(示せない?)と考えられます。

では、「~め」を使える形容詞は、「AでなければB」タイプではない、かつ、対になる言葉(反対語)があるものかな~と推測してみました。「大きめ-小さめ」「太め-細め」「濃いめ-薄め」「多め-少なめ」などは問題ありません。それなら、「良い」もOKと言いたいところですが…「良いめ-悪め」の対はどうでしょうか。他のものに比べて、スパッとOKと言えない気がします。「悪めの成績」は許容できますか。

今日の学びは「濃いめ」という例外と、接尾辞の限界です。他の接尾辞についても、また検討したいと思いますが、やっぱり何にでも付けられるわけではなさそうですね。(・_・;)

買い物の会話

はじめに

この買い物の会話では、「物の特徴をあらわす形容詞」と「値段(○円)」が使えることが前提です。数字に関しては、日本円の場合は、大きい数字(100以上)を使用します。できれば、形容詞を接続する形「~くて、…N」も練習もしたいところです。そこに助数詞も加えると、負荷がかかっていい練習になるでしょう。教科書によって、提出順序が違うので、そのあたりは、会話スクリプトを編集することで、うまくいくと思います。

準備

1)絵カードをダウンロードして、印刷します。(こちらからダウンロードできます)

6種類あります。1人1枚持てるように、人数分用意します。カラー版は色の形容詞が既習の場合は便利です。色は未習だったり、独自に決めたりしたい場合は、白黒版をご利用ください。以下、各絵について必要な語彙です(カラー版)。他の語が使えることもあります。

・本:日本語、漢字、新しい、古い
・えんぴつ:長い、短い、太い、細い
・ノート:厚い、薄い、大きい、小さい
・かばん:白い、黄色い、大きい、小さい
・かさ:赤い、青い、長い、短い
・はさみ:赤い、青い、大きい、小さい

2)小さく印刷した後、裏に値段を書きます。

「値段を聞く・答える」ことが目的です。値段を聞いた後、コメントとして「高い・安い」を使います。

3)会話スクリプトを用意します。(えんぴつの例)

店員:いらっしゃいませ。
お客:すみません。短いえんぴつは1本いくらですか。
店員:50円です。
お客:安いですね。長くて太いえんぴつは1本いくらですか。
店員:100円です。
お客:そうですか。長くて細いえんぴつは1本いくらですか。
店員:200円です。
お客:高いですね。じゃ、長くて太いえんぴつを3本ください。
店員:ぜんぶで300円です。ありがとうございます。

これはいろいろな要素を盛り込んだ会話になっています。同じ形式が続いて不自然と感じるようでしたら、「長くて細い『の』は?」のように省略することもできます。もし「~くて、…N」が未習の場合は、お客は「長いえんぴつをください」と言い、
店員は「これですか、これですか」のように物を指示してから、「太いのをください」のような流れにすれば良いと思います。もちろん物を目の前にしているので、最終的にはものを指すという方法も1つになると思います。(一応、言葉の練習なので、できるだけ口頭で!)

クラスで

1)教師が会話の例をひと通り口頭で示します。冒頭の写真のように、ここでは値段の分かる絵カードを使います。話者を指示しながら、スクリプトを聞かせます。

2)学生と一緒に何回か会話を繰り返して練習し、覚えさせます。買い物で使われる表現(「いらっしゃいませ」や「~をください」など)が未習であれば、ここで口慣らしを入念に…。

3)学生を1人呼んで、この後の活動のやり方を見せます。ここでは実際のカードを使うので、値段はS(店員)にしか分かりません。

4)学生にカードを配布して、会話スタート。隣の人とやり終えたら、ペアを変えるように指示。また、カードを交換してもOKとします。

5)最後にできたか確認します。教師が店員、学生が客となり、会話ができるようになったかチェックします。

留意点など

会話に持っていくまでに、「助数詞の使い方」「形容詞の意味」「形容詞の使い方(述語・名詞修飾)」「値段の聞き方」「値段の答え方(1つの値段の場合・計算して答える場合)」「値段に対するコメント(高い・安いですね)」など、細かく準備段階を踏みました。20人程度のクラスで、合計1時間半ぐらいかかりました。

同じようなことを何回も言わせることになりますが、テンポよく進むと、会話が非常に楽しいものになります。習ったことを文字に頼らず口頭で…ということが、会話に引き上げる一歩かなと思いました。準備は大変ですけど、絵カードなどじゃんじゃん使ってもらえたら嬉しいです。

形容詞

形容詞01(い形容詞・35語)

大きい・小さい・高い・安い・重い・軽い・難しい・易しい・新しい・古い・高い・低い・暑い/熱い・冷たい・寒い・涼しい・温かい・厚い・薄い・おいしい・かわいい・おもしろい・いい・悪い・珍しい・黒い・白い・赤い・青い・忙しい・楽しい・多い・少ない・遠い・近い

形容詞02(な形容詞・30語) *英訳は一部の語のみ。

きれい・すてき・便利・じょうぶ・おしゃれ・有名・立派・残念・にぎやか・好き・嫌い・上手・下手・得意・苦手・静か・親切・元気・簡単・大切・嫌・必要・特別・大丈夫・無理・丁寧・不便・暇・大変・複雑

形容詞03(い形容詞・35語) *英訳はだいたい付いています。

汚い・若い・長い・短い・明るい・暗い・危ない・強い・弱い・甘い・からい・しおからい(しょっぱい)・酸っぱい・苦い・早い/速い・遅い・太い・細い・重い・軽い・浅い・深い・まずい・広い・せまい・かたい・柔らかい・寂しい・悲しい・おかしい・厳しい・優しい・つまらない・嬉しい・うるさい

すべてひらがなで書いてあります。「訳なし」と「英語付」の2種類あります。「訳なし」のほうは、Wordの場合、記入欄を作ってあるので、学習者の言語に合わせて入力できます。印刷して書き込むこともできます。英語訳は1語につき1つしか付けてありません。ただ、意味は必ずしもそれだけではありませんし、英語も複数の意味を持つことがあるので、導入時には必ず意味を確認してからご使用ください。(形容詞02・03は、英語訳をつけることを途中であきらめました…一部は書いてあります(´・ω・`))

形容詞01 [Word] [Word_Eng] [PDF] [PDF_Eng]

形容詞02 [Word] [Word_Eng] [PDF] [PDF_Eng]

形容詞03 [Word] [Word_Eng] [PDF] [PDF_Eng]