使えるPPTの機能1:PDFやJEPGファイルにする

PPTで作った教材を非対応の環境で使いたい!

海外で教えていて、自分のPCではなく教室備え付けのPCを使わねばならなくて生じる弊害があります。PPTのスライドを使おうとしたのに…

・そもそもソフトが入っていない、もしくは、openofficeだった

・日本語が表示されない(日本語フォント非対応)

・代替フォントになる(ズレて、見た目がおかしくなる)

(´・ω・`)ああ、頑張って作ったのに…。がっくり。フォントもアニメーションも授業の進行を意識して組み込んでいるので、全てがおじゃんになってしまうと本当に困るのです!

また、PCがなく、テレビしかない場合もあります。PCとつなぐケーブルがないけれど、どうしても表示させたいということがあります。ブラウン管テレビは残念ながら無理ですが、薄型テレビでテレビの横や裏にメモリーカードかUSBの穴があれば、テレビで表示させることも可能です。

対応策:スライドのPDF化・画像化・フォントの埋め込み
(1) PDFにして、Adobe Readerで表示する。

アニメーションなど特別な効果を使わないのであれば、これが一番ラクです。一応、二通りあります。

1)「名前をつけて保存」を選び、保存形式で「PDF」を選択する。

2)「保存と送信」の中にある、「PDFまたはXPFドキュメントの作成」から保存。

PCにAdobe Readerが必須です。ネット環境があればインストールできます。テレビでは表示できません。

(2) スライドを一枚ずつ画像にする。

写真と同じ形式の.jpegで出力することも可能です。これはPCでも、USBがさせるテレビでもどちらでも表示させられます。ただし、アニメーションや効果などは表現できません。(どうしても1文ずつ表示させたい場合は、スライドの数を物理的に増やすしてから画像化してください)

「保存と送信」の中にある、「ファイルの種類の変更」を選び、「JPEGファイル交換形式」を選び、保存をクリックします。すると、全スライドを画像化するか、現在のスライドのみを画像化するか選択できます。全スライドの場合は、フォルダが作られてその中に保存されます。

カラーのものが多い場合は、JPEGのほうが画質がきれいです。白黒だけなら、軽いPNG形式で十分でしょう。

なお、テレビで表示させる場合は、ファイル名を「001」「002」のような通し番号にしておかないと順番が狂うことがあるのでご注意ください。

(3) フォントを埋め込む。(アウトライン化)

「このフォント以外は絶対認めない!」という場合と、OpenOfficeの場合ぐらいしか役にたたない話なので、あまり万人受けする方法ではありません。

「埋め込む」というのは、文字を画像にするような操作です。本来はデザインソフトで用いられる方法です。フォントの文字を図形描画のような点と線にするもので、一度アウトライン化すると、逆にフォントに戻すことはできません。

この方法は、変換に時間がかかりますし、ファイルの容量もとても大きくなります。

「PowerPointのオプション」→「保存」→「次のプレゼンテーションを共有するときに再現性を保つ」へ進みます。「ファイルにフォントを埋め込む」のチェックボックスをチェックします。「使用されている文字だけを埋め込む」と「全ての文字を埋め込む」の違いは調べていませんが、とりあえず後者でやった場合、フォントも変更されず、自分のPCで見ていたものと同じでした。

おまけ:iPadの場合

iPadを使用する場合は、PDFでもJPEGでもどちらも可能です。おそらく他のタブレットもできると思います。

また、PPTのアプリもあるので作成もできます。たぶん、スライドショーもできると思いますがまだやったことがありません。近いうちにやってみようと思います。(^o^)

 

Winで自動修復できないとき

Win PC(Win 8.1)を起動して、青画面になり、「自動修復できませんでした」となってしまうことがあります。2回なったことがあり、1回目はデータを一部破損して取り出してしまい、失ったものが結構ありました。2回目は以下の方法で、無事にデータを取り出せました。しかし、取り出したところで、PCは出荷状態に戻さねばなりません…。

Officeデータも失ったので、これを期にOffice 365にしました。

普段からバックアップしておけということを2度も思い知ることになったわけです。(T_T)バックアップしておきましょうね。外付けHDDでも、オンラインストレージでもよいので。(2度目からは、One Driveと同期させていたので大丈夫でしたが…)

iTunesは…こちらもクラウドに入れておかねばならないと実感…。

「自動修復できません」となった場合、以下の方法で、データを外付けHDDにちまちまと移すことは可能です。以下、覚書。(リカバリソフトとか、復元とかない場合です)

1)自動修復できず、「続行」「トラブルシューティング」「電源OFF」の青画面が出たら、トラブルシューティングから、「コマンドプロンプト」を選択。

2)コマンドプロンプト(黒地に白い文字)で、notepadと入力。

3)外付けHDDをつける。

4)notepadで「名前をつけて保存」を選ぶと、保存先が選べるようになる。

5)「.txt」を「すべてのファイル」表示に切り替えて、PC内のソフトやデータが見られるようにする。

6)残したいデータをコピーor切り取りをして、外付けHDDに保存する。

 

なお、以下の留意点があります。時間がかかる理由です。

・フォルダの階層が多いと、メモリ不足になる。

・ファイルをまとめて移動はできない。フォルダなら可能。

・貼付けして、砂時計が消えたら、移動完了。(その場では表示されませんが、もう一度戻って、移した場所を見るとちゃんと移動されている)

・新しいフォルダを作れるし、名前も変えられるがその場で反映されない。(上記と同じで、別のフォルダへ行ってから、もう一度戻ると反映されている)

 

主なファイルは、Cドライブ>User>[ユーザー名]のところにあります。デスクトップのファイルや、ドキュメント、フォトなどはこの辺。iTunesはデータ移動をさせたことがないと、どこにあるかわかりません。CDから取り込んだデータの場所は確認しておくといいですね。(iTunesで買ったものは別に失われないのでいいんです…)

とにかく、バックアップしておきましょう!(「~ておく」という文型がぴったりあてはまるシチュエーションw)

PDFの画像をきれいに切り取る方法

PDFファイルになった絵教材をそのまま使う分には問題ないのですが、その画像をサイズを変えて、WordのドキュメントやPPTのスライドなどに貼り付けることがあります。しかし、そのままでは画質が悪く、汚いんです。(´・ω・`)

そこで、白黒画像なら、以下の方法を用いるときれいです。

 

1) PDFファイルの画像を「編集」→「スナップショット」でコピーする。

2)Winの場合は、ペイントソフトに貼り付けて、保存する。(.pngなど)

3)それを画像として、貼り付ける。

 

PDFファイルにある画像がそもそも汚い場合は、この方法を使っても良くなりません。「PDFできれいに見えるのに、スナップショットから直接貼り付けると汚い」場合にこの方法は有効だと思っていただければと思います。

絵カード作成に革命?!

Autodrawというサイトは、自分が適当に書いた絵から、理想の絵を導き出してくれます。AIを使って画像処理を行うもので、Googleが開発しました。絵が苦手な人でも簡単に思い通りのイラストが作成できる日も近いかもしれません!Start Drawingで始めます。

猫をかいてみました。上部の「Do you mean:」のところに導き出された結果が出てきます。細かい表情なんかは抜きにして、「猫」として認識されていることがわかります。全体として「目」に見えるのか…とつっこんでしまいますね。

こういう雑な感じでも「眼鏡」のきれいなイメージが出てくるので、絵に自信がない人も、私のように雑な絵しか描けない人も楽ですよね。線画でもかなりきれいなのでいいですよね。

日本語教師が自作の絵カードを作るとしたら、市販のものにない動作のものなどが欲しくなると思います。そこで、動きのある絵を描きました。実際あんまり動いている感じはしませんけど(笑)結果は…ザリガニ!!ロブスター?!まだまだ結果に出てくる画像にそんなに幅がないんでしょうけど、何でもかんでも自分の思い通りにとはまだまだいかないようですね。

結果に現れる絵は誰かが描いたものです。一覧になっていました。もしかしたら、自分の理想とする絵に出会えるかもしれませんね。(^o^)

 

頑丈なサイコロ・捨てやすいサイコロ

なにかと便利なサイコロ

サイコロ。いつもどうしたら手間が少なく作れるのかと考えていました。100円ショップで売っているとはいえ、小さすぎる…。スマホやタブレットのアプリにサイコロがあるけれど、表示が小さすぎる…。小さいものをちまちま作って持っていく途中で、つぶれた…。展開図を書いて、大きく作ったけれど、学生が強く投げて、壊れかけた…。

ヽ(`Д´#)ノ やってられません!!

私がよく使う『おたすけタスク』にもサイコロの展開図が載っていて、作り方の解説もありますが、手間がかかりまくりです…。複数個作ることになった場合、気が狂います!(笑)

わたしも展開図から作っていましたが、「のりしろ」が鬼門です。最後ののりしろ部分は内側から貼れないので、壊れやすいのです!(`・ω・´)しかも、作っている途中でのりがベタベタして不快感も生じます…。

なぜ、たった1回で壊れるものを作り続けるんだろうか…。持って帰っても、次にすぐ使わないし、カバンの中で潰れるから捨てて帰るのに…。時間も労力ももったいなさすぎる!(´・ω・`)

そんな状況で誕生したのが、頑丈かつ捨てても気にならないサイコロです!カレンダーの裏紙を利用したサイコロです。カレンダーが無ければ、折り紙などでも代用は可能です。展開図から作成するようなサイコロに比べれば、壊れる確率もかなり低いです。のりを使わないので、手がべたつくこともありません。

箱を折り続けるのが手間ではありますが、単調なのでテレビを見ながらでもできます!(^^)家から紙を持って行き、スキマ時間に折りすすめて行けば、たくさんでも作れます!(^^)ではでは、そのサイコロの作り方を説明します。

作り方

1.カレンダーの紙を4分割し、4枚の長方形を4枚の正方形にします。

2.蓋のない箱を4つ作ります。折り方はこちら(おりがみクラブ)を参考に…。

3.2つだけではヤワなので、2つを合わせたら、残りの2つで覆います。

4.隙間部分にテープを1周させます。数字や話すテーマなどを書き込みます。※サイコロの数字は対になる面の合計が7になります(写真のサイコロはダメです(^_^;))

5.使い終わったら、潰しても捨てることも容易です(笑)

別に壊さず保存してもよいです。( ̄▽ ̄)箱に閉まっておけば、長きに渡って使えると思います。