『春季限定いちごタルト事件』を読みました

『図書館戦争』は挫折しました。昔だったら笠原郁の無鉄砲さが受け入れられた気がします。でも、今はどうにも合わない。堂上教官との行く末が気になるのですが、読むのはやめます。アニメで見たので、堂上教官とどうにかなることは知っています…(笑)

さて、米澤穂信著『春期限定いちごタルト事件』です。

内容は、小鳩くんと小山内さんが目の前の問題を解いてしまう、という話。本当はそういうことはしたくないので「~てしまう」と表現します。

好きな登場人物は、小鳩常悟朗(こばと じょうごろう)。小市民であろうとする姿勢、良いと思います(笑)

日常(高校生活)で直面する出来事に謎があり、それが解かれていくのが面白かったです。アニメ『氷菓』に感動した私には非常にしっくり来る展開でした。

目立たず生きる二人の姿勢に共感できました(笑)

あまり表紙の絵に惑わされないことが重要ですw一応、シリーズ物なので、読むものが無くなったら、ぜひともこの二人の話を読みたいと思っています!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください