『ふたりの距離の概算』を読みました

米澤穂信『ふたりの距離の概算』を読みました。

少なくとも2回は見たアニメ『氷菓』、いわゆる〈古典部〉シリーズの5作目。過去、小説は読んだことがありませんでした。…『遠まわりする雛』まではアニメで見ましたからね(^^ゞ

その続きとして読むと、アニメと同じくらい面白かったです。日々の何気ないことの中に、ちょっとした謎が生じるのがこの物語の面白いところです。

奉太郎の推理がいつも当たるわけではないのも面白かったです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です