『鴨川ホルモー』を読みました

万城目学著『鴨川ホルモー』を読みました。京都の大学生がサークルで、ホルモーという競技に関わるという話。

好きな登場人物は、楠木ふみ。かっこいいです。(`・ω・´)終盤、たまらなく愛おしい存在となります。高村もいいのですが…。

ホルモーとは、臓物のホルモンとは無縁でした。最初は思い込みで…(笑)単なる競技を勝ち進んでいく進み方じゃないのが良かったです。

京都の町について知識があると面白くなる(舞台は京都)。

映画もそこそこ面白いです。(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください