『犬はどこだ』を読みました

米澤穂信著『犬はどこだ』を読みました。〈古典部〉シリーズのアニメ化されていないものを買うか、こちらを買うか迷って、こちらを購入しました。

紺屋S&R(サーチ・アンド・レスキュー)という調査事務所に舞い込んだ依頼の話です。犬探し程度が良かったのに、人捜し、かなり複雑な人探しをやっていく物語です。考えさせる点が多くて、徐々に明らかになっていくところが面白かったです。Chapter5から6にかけてが山場であり、個人的には満足でした。面白かったです。

まだシリーズとはなっていませんが、もし続くならいいかなと思います。(^o^)ですが、舞台が都市ってところでもないので、どうかな?というのが正直な思いです(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください