『イニシエーション・ラブ』を読みました

乾くるみ著『イニシエーション・ラブ』を読みました。最後の二行は先に読むな、もう一度読みたくなるミステリーということで、去年ぐらいに話題になっていた気がします。当時、わたしは静岡に住んでいたので、地元番組でもそれなりに話題になっていました。

自分で買う気にならなかったんですが、職場に置かれていたので借りました。なぜ買う気にならなかったかというと、「最後の二行までがつまらなかったら困る(そこまで恋愛小説ってことだし)」「また読み返すのが面倒」ということです(笑)

通常、好きな登場人物とか、内容とか書くんですが、ネタバレになる恐れがあるので、書きません。一応、ベースとしては、80年代の若者の恋愛模様ってところですかね。叙述トリックというもので、巧妙に仕組まれている謎は、最後の二行で分かります。初めから、「その仕込まれている部分を見抜こう!」と思って読むので、話の途中で「矛盾」とは思わないのですが、「ん?」という「違和感」を覚えます。最後の二行っていうか、最後のページで「んんん?」となって、二行目で「は?」と思いました(笑)まー、なんかわかったような、わからないような感覚になって、結局、ネタバレをまとめたサイトを見ました。違和感の正体がはっきりわかりました。

(;・∀・)そもそも「ミステリー」と思ったことが間違いでした。ある恋愛の一部を叙述トリックを使って見せ、80年代を懐かしむ本だったということです。叙述トリックといえば、以前読んだ『アヒルと鴨のコインロッカー』もその種の作品です。『アヒル~』のほうが私には抵抗なく読めました。

(´・ω・`)もっと壮大なものが隠されていてほしかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です