『イナイ×イナイ』を読みました

 

森博嗣『イナイ×イナイ PEEKABOO』を読みました。

とある裕福なお宅で起こる殺人事件を解明していくお話です。好きな登場人物は、小川令子。探偵事務所の助手。この人のノリと勢いを真似したい(笑)

オチが…イマイチさっぱりしませんでした。「で?」って感じ。(;・∀・)

真鍋と小川のやりとりの軽快さがいちばん楽しい!ときどき鷹知も。中盤、2人のやりとりがおもしろいから「続編もほしい!」と思いましたが、解決編が解決編になっていない気がして、とりあえず保留にしました。

読み込みが甘いとしたら申し訳ないのですが、「それで何がしたかったのか」という動機がさっぱりわかりませんでした。殺害動機。また戻って考えなきゃならなかったんですかね…。

面倒ですよ…そんなの。(´・ω・`)ガーン。

『すべてがFになる』など、S&Mシリーズを読んだこともあります。今回のはXシリーズと呼ばれていますが、最後に西之園萌絵が出てくるし…。キャラが優先されてしまうのか、と思っちゃいますね。そういうのが良いといえば良いんですけどね。今回のも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です