『舟を編む』を読みました

舟を編む』を読みました。出版社の辞書編纂とそれを取り巻く人々のお話。

好きな登場人物は、馬締光也。ことばの分析を始めるといろいろ考えてしまうところ、「へのひと」の部分の考え方で共感したから(笑)

辞書編纂の実際を反映しているかどうかはさておき、言葉に携わる身として、楽しめました。日本語教師にオススメ。馬締と香具矢の夫婦関係のあり方に対してこうありたいと思いました。

トラさんとヌッポロ一番…(*゚∀゚)たまにダジャレが出てくる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください