『殺人鬼フジコの衝動』を読みました

タイトルからして不穏な感じをうけますね…。真梨幸子著『殺人鬼フジコの衝動』を読みました。まあ、一気に読み進めていけましたが、共感することもなく、なんかバカダナーって思いながらフジコの生き様を見ていた感じです。「蛙の子は蛙」ってことなんですかね。現実はそうとは限らないですが…(笑)

殺人鬼であることはタイトルから十分わかるので、読みながら、やった、またやったというのが徐々にはっきりと分かってきます。でも、それは結構普通というか想定の範囲内の出来事。女性にありがちな友情や恋愛、家族関係の不具合から生じる感情みたいなものでした。

でも、一気に読んだのは、やはりこの話の構成の面白さだと思います。私なりの結論を持って読み進め、最後に「ほおー」と改めて考えさせてくれたところがなかなか面白かったです。

こういう話は、「イヤミス」というんですね。(;・∀・)嫌なミステリー、後味が悪い作品ということだそうです。『八つ墓村』とか、湊かなえの『告白』とかが含まれるようですが…。『八つ墓村』の映画は好きなんですよ(^^ゞ

フジコの続編はまた読みたくはないですが、読むものがなくなったら買おうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です