『びっくり館の殺人』を読みました

小説はですね…本がいいです!ヽ(`▽´)/文字サイズで言えば、文春文庫の大きさがいい。読みやすい。こまっかい字は苦手です…。

さて、今回は綾辻行人『びっくり館の殺人』です。館シリーズの中でインパクトのあるタイトルだったからです。今思えば、1作目(十角館の殺人)から読んでもよかった…。シリーズで関係している部分は1~2箇所くらいしかなかったから、初めてこれを読んでも特に問題はありません。知ってたらクスクス笑えたのかもしれません。

この話は、びっくり館という怪しげなお屋敷で起こる殺人事件です。好きな登場人物は特に無し。しいて言えば、未知也くんかな。しっかりしている。(^^)

序盤は落ち着いていますが、その後はほどよく「!?」というところが出てきて読み進めてしまいます。叙述トリックっていうのが、こういうものかーと納得。悪くないですね!(゚∀゚)挿絵は必要なのか…?(無いほうがいいと思ったw)

さて、綾辻行人といえば、『Another』。アニメは私好みで、漫画も読みました。それについてはまた後日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください