ブライダルチェックし「ておく」

今日は前もってするという意味の「~ておく」を扱いました。「~まえに、~ておきます。」という単純なものですが、こういうとき文化の特徴が現れていいですね。

「結婚するまえに」という話題でした。

( ´∀`)ノ A:新婚旅行を予約しておきます。

(^○^) そうですね。ベトナム人は新婚旅行でどこへ行くんですか。

(・∀・) B:いろいろです。お金持ちは外国へ行きます。

(^○^) そかそか。ちなみにBさんはどこへ行きたいんですか。

(・∀・) B:ダラットです。きれいなところですよ。

(^○^) じゃ、わたしの新婚旅行もそこにしますね~。

(・∀・) B:えっ、先生いつ…

( ゚д゚) C:ちょ、おま…

(^○^;) 私もしりませーん。

と、ここで、わたしの冗談魂に火がついて、

(^○^) だれかいい人がいたら、紹介してください。(「たら」が使いたくて)

(・∀・) B:わたしの兄を先生に紹介しますよ。

(^○^;) あっ、マジで(笑)

( ー`дー´) D:それなら私の兄も紹介します。

(^○^) おっ、Dさんのお兄さんは何歳なの?

( ー`дー´) D:27歳です。

(^○^) おー、それはちょっと若いですね~

(゚∀゚)(゚∀゚) E・F・G…:それは大丈夫ですよ。ちょっとぐらいー!

\(^○^;)/ はい、終了終了~。

 

「お兄さんと結婚したら、わたしたちは兄弟になりますね」って言ったけど、それは全然ウケなくて、義理の兄弟になることの意味がわかっていないようでした。

あと、なかなか興味深かったのは、ブライダルチェックの話。最初、「恋人を病院に連れて行って、体をチェックしておきます」と言われて、

(; ・`д・´)「え、元気じゃなかったら、結婚しないの?」とツッコミを(笑)

そうじゃなくて、HIV検査をするということでした。もちろん結婚相手だけでなく、二人でするということです。日本でも最近これをしますよ、と言っておきました。

みん日2冊目レベルになると、こういうやりとりができるので、やはり初級後半から中級も面白いです。文法が複雑になっても、話の幅が日常から一気に広がりを見せますし…。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です