願掛けは重要

各方面から昨年12月のJLPT結果を見聞きしました。まあ、教師なんて試験の前に手助けはできても、最後は受験者自身の力による所が大きいと思います。受かった人はおめでとう、受からなかった人もよく健闘したはずです。あと、昔の学生が徐々に級を上げていくのを見ると、うれしいです。(^o^)

神頼みも願掛けも、受験のメンタルを助けてくれるものだと思います。非科学的なことはそれほど信じないほうですがね…。試験の日数を書くところを作りましたが、そのとき、「五角=ごかく=ごーかく=合格」の願いを込めて、書き込む所は五角形にしました(笑)ダジャレ好きなもので…(^^ゞ説明しなかったけど、だれも気づいてくれませんでした…。あれ?したかな。したけど、( ゚д゚)ポカーンだったかも…。

結局やらなかったんですが、おりがみで「いちご」を作る計画もしていました。意味は…「一発合格」略して「いちご」です。( ̄▽ ̄;)本当は上記のように五角形のものが作りたかったんですが、折り紙で五角形を作るのはほんっとに難しい。むしろ切ったほうが速いぐらいですからね…。

正直、JLPT対策は自分のメンタルを保つのも大変でした。(;・∀・)願掛けは自分のためでもあったかなと思います。結果を出さなきゃって思いましたから。初詣でも、もう試験は終わってるのに、祈ったくらいです…。

また、今年の7月・12月もがんばりましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です