『ヒメアノ~ル』を読みました

古谷実著『ヒメアノ~ル』(全6巻)を読みました。改めて購入したわけではなく、単行本が出たころに読んでいました。とんでもなくくだらない話と日常に潜む狂気をうまく描いていると思います。久々に全巻を通して読んで、まあまあ楽しめました。

古谷実の最近の作品は、華やかじゃない人にスポットが当てられて、そんな人に美人彼女ができるみたいな展開が多いです(笑)人の深い闇とか、生き方への忠告みたいなものを奇妙な生物の語りに乗せます。ですから、読んでいて心地いいかというとそうでもないです。

改めて読み返してみて、話の展開はやっぱり好きです。壮大な語り部分はあんまり読む気はしないんですけど、いい具合のギャグ要素と日常と別の軸で進行する狂気沙汰と…。

わたし個人が古谷実作品をよく読んでるってだけのことです。

なお、映画も見ましたが、まあまあ面白かったです。(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です