学習者に何を「入れる」のか

使いたくない言葉:「~を入れる」

「今日の授業で可能形を入れたけど、まだ定着していない」

「その言葉は昨日入れました」

「Xを入れる」という言葉をよく聞くようになりました。今となっては、業界用語なのだと思って聞いていますが、わたしは使いません。実は過去に使っている人と出会ったことがありませんでした。

以前見かけたツイート

Twitterで以下のツイートを見ました。これを見たのが先で、「こんな言い方するのか。ほ~。」と思ったものです。

このツイートを読んでいたこともあって、実際に聞いた際には、ぞわっとしました(笑)。教師の潜在的な意識は、知らず知らずのうちに身についてしまうものかもしれません。想像ですが、教師養成のセンセが使っていらっしゃって、それが受講生に影響しているのではないかな…。

業界用語と見なして、他人にアレコレ言わないようにしていますが、もし自分が後身を育てる立場になったら、使わせたくないなと思っています。語学教師である以上、やはり1つ1つの言葉遣いには気をつけないと…。

代わりにどういう用語を使うかと聞かれても、特別なものなんてありません。「可能形を扱いましたが、まだ定着していません」「その言葉は昨日教えました」で十分です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です