字はいつもお手本

日本語教師は字をきれいに書けることも1つのスキルだと思います。私は書道を習った経験はなく、学校の書写の時間ぐらいしかやっていません。ただ、昔から文字をきれいに書きたいというこだわりを持っていました。(レタリングも好きでしたね…)

きれいに書くにしても、学習者提示用の字、仕事用の字、メモの字、自分のノートの字は結構差があります。仕事用の字は大人として恥じないというレベルの字ですが、他人の字を見て、「この字を学習者に提示しているとしたら、喝を入れたい!」と思ったことが少なくありません。これは新人教師とかベテラン教師とか関係ないです。

板書は常に学習者が真似をして書いても問題ない字にしたいものです。変な癖をつけてしまうのは教師の影響もあるはずです。教師がこう書いているのに、学習者が自分で書いた文字にバツをつけられたとしたら、「なんでやねん!」と思うでしょう。そういう理不尽なことがおこらないように、きれいな字であることは必須です。

黒板の場合は、チョークホルダーがあると筆圧が入れやすくなり、きれいに書けます。最近まで使ったことがありませんでした。ぐっと力を込められるので、漢字のとめ・はね・はらいも美しく書けます。

シンワ測定 チョークホルダー 白 赤 黄 3本セット

ホワイトボードは、なかなか難しいんですが、わたしは手の側面(小指側)をボードにこすらせながら書いています。安定感が生まれるので、変な滑りを防止できます。ただし、側面が汚くなります(笑)

ホワイトボードマーカーは、アスクルホワイトボードマーカーが好きです。安くて、適度な太さ、長さがあります。教室で使っても、きれいに見えます。自腹でマーカーなんて買わなくてもいいんですが、海外に持っていくときもあります。現地のマーカーに不満があるからですけど(笑)

「先生の字はきれいですね」と言われるように、頑張りましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です