コップが1つ・お茶が1杯

コップ2つ / コップ1つ、お茶1杯

コップやグラスの数え方と、お茶やコーヒーの数え方で「え?」となることが多いです。写真より実物で見せたほうがインパクト大ですが、写真も用意してみました。

内容物の有無が「-つ」と「-杯」の明暗をわけるわけです。内容物の有無に気づかなければ、「-つ」と数えしまいます。ちなみに、横から撮った写真もお茶が入った状態です(笑)

紙コップに企業名が書いてあったので、削除しました。コップ側面の絵の不自然さは気にしないでいただければと思います!(^o^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください