「~の中」が必要なときとは?

「箱の中にいる」?「箱にいる」?

「ネコはどこにいますか」と聞かれて、上の絵のような状況だった場合、何と答えますか。直感的に、aです。

1)ネコはどこにいますか。
a. 箱の中にいます。
b. 箱にいます。

次の例はどうでしょうか。

2)C先生はどこにいますか。
a. 55教室の中にいます。
b. 55教室にいます。

直感的にはbです。ただ、aも場合によっては使うと思います。

「~の中」を付けたり付けなかったりするのはなぜなのか、という質問は昔からありました。それについて、詳しく見ていきたいと思います。

接続する名詞の性質から考える

「~に」「~の中に」の、「~」に入るのは名詞です。その名詞の性質によって、必要なとき、どちらでもいいときがあるのではないでしょうか。1)では「箱」、2)では「教室」です。

1.場所(範囲の決まった空間)を表す名詞の場合は、「~に」で十分。

2)「教室」が当てはまります。範囲が決まっているので、あえて「中」という表現を付ける必要はないのだと考えます。

3)この町に外国人がたくさんいる。

4)運動場にハードルがある。

5)図書館に古文書がある。

「『~に』で十分」と書いた理由は、「~の中に」が使用不可とは言えないからです。範囲の「中」であることを明確に示したい(強調している)感じになるでしょう。ただ、4)の場合、「運動場の中に」というのは、やや違和感があるような…。

6)この町の中にまだ犯人がいるはずだ。

この場合は、「外」ではないということで「中」とはっきり言いたいのではないでしょうか。

2.場所を表す名詞以外の場合は、「~の中に」を使ったほうがいい。

最初は、「箱」を「空間」として捉えられるのではないかと思っていました。1)の例で、「b.(ネコは)箱にいます」がなんとなくしっくり来ませんでした。

「箱にいる」と言われて、「中にいる」というのが通常働く推論です。そう思うので、別に「中」が無くてもいいと思うのでしょう。ただ、「箱にいる」だけだと、いまいちはっきりしないような気がします。極端な話、「上に載っている(=蓋の上にいる)」と思う方もいるかもしれません。位置の表現がないと、適切に伝わらない可能性があります。

次の「車」「落ち葉」の例も見てみましょう。

7)a. C先生は車にいます。/b. C先生は車の中にいます。

8)a. ??ペットのポチは落ち葉にいる。/b. ポチは落ち葉の中にいる。

「車」は「~に」だけで良いとしても、「落ち葉」では「~に」が言えません。「車」は、「箱」と同様、範囲が決まった空間に捉えやすいので、原則1に近いのでしょう。完全に場所とみなしにくい「落ち葉」では、「~に」だけでは存在場所がはっきりわかりません。位置の表現が必要になります。

特に「中」であることを示す必要がある場合

上で見た「箱」「車」と同様、「鞄」も空間と見なしやすいモノの一つだと思います。存在文以外でも考えてみると、「中」とつけることで、場所がより明白になります。

職務質問の場合を考えてみました。

9)警察官:鞄の中を見せてください。

警察官は持ち物検査をするので、中を見たいわけです。「鞄を見せてください」と言われただけで、中まで見せる市民もいるとは思います。しかし、悪い市民は屁理屈を捏ねて、「鞄(外側)を見せたじゃないか!」というかもしれません。屁理屈で言葉の使い方を考えるのはどうかと思われそうですが…。言いたいことは、「中」であることを「はっきり示す」ということです。

10)b.は、いつも注意しているにもかかわらず、まだちゃんと捨てない人に苛立って、「中に入れろ」と強く言いたい気持ちがあるように思います。いかがでしょうか。

10)a. 紙類はごみ箱に捨ててください。/b. 紙類はごみ箱の中に捨ててください。

通常は言われなくたって、ごみはごみ箱に入れるわけです。ですが、わざわざ「中に」ということは、そこには何らかの意味が含まれているのでしょう。

まとめ

1.場所(範囲の決まった空間)を表す名詞の場合は、「~に」で十分。

2.場所を表す名詞以外の場合は、「~の中に」を使ったほうがいい。
 (空間的な要素があるモノは「中に」がなくてもいい十分な場合がある)

※空間的な要素があるモノというのは、「車」「箱」「鞄」「ごみ箱」など


とりあえず、この2点でどうでしょうか。これはあくまで学習者に最初の段階で示すならば、と考えた説明です。

「中」であることを明示的にする必要がある場合には、「~の中に」にしたほうがいいと思いますが、それがどういうときなのか理解させるのは、次の段階でいいのではないでしょうか。

学習者も直感的に「空間的な要素があるモノ」と「『中』をつけること」の関係を考えるのではないでしょうか。そこであえて「モノなんだから、中を付けなければダメ!」とするのは、厳しすぎると思います。

上記の原則で合わないものが見つかったら、また検討したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です