「○○屋」の使える範囲はどこまで?

下着や靴下が売っている店は何と言いますか。

(´-д-`) 下着屋…靴下屋…ランジェリーショップ…??

考えてしまいました。「○○屋」と言えないわけでもないのに、違和感がありました。まして「ランジェリーショップ」なんて使いますか?!私が使わないだけで、「そういう言葉はない」とは言えません。が、なぜだかこっ恥ずかしくて言えなかったのでした…。「下着屋」という言葉は目で見て分かりますし、聞けば分かります。

この「○○屋」。造語力がありそうですね。「売りもの+屋」でそれを売るお店を表す言葉になるのです。こっ恥ずかしい~とか言って、普段はどうしているのか…。思い返してみると、「お店の名前(固有名詞)」を使っています。もしくは、デパートとか言って濁したり…(笑)

状況が問題で、この質問は道案内の練習をしているときにされました。別に「昨日、下着屋に行った」という文を言う状況でもありません!!単なるランドマークなら、「○○屋」というほうが、ストレートで分かりやすいと思います。お店や買ったものの話をするなら、やっぱり具体的なお店の名前を使うのが多いのでは…?今のところ、結論はそんなところです。

「洋服屋」は西洋の服だけで、伝統的な服は無いんじゃないですか。

(=_=;) 「洋服屋」「服屋」「呉服屋」「和装洋品店」…「洋品店」?!<br><br>

「洋服屋」も「洋品店」も日本語として通じます。ここはインド。洋服とサリーとクルタなど、いろいろな服が同じ店で売られています。

日本で伝統的な日常着(洋服でないもの)ってあるのか…?

和服・着物は日常着として着る人は少ないので除かせていただきます。今や日本人にとって、日常的に着ているものは「洋服」で、そこに「西洋の服」という意識されていないと思います。ですから、「洋服屋」でもいいと思ったんですが、伝わりませんでした。やはりここでも、具体的な店名をいうことが多いのではないでしょうか。そして、ランドマークとして服を売っている店なら、「服屋」「洋服屋」で差し支えなさそうです。まあ、さすがに着物が売っているのに「洋服屋」と言われたら道に迷いそうですが…。

さて、この「○○屋」。みなさんはどこまでOKですか。「スーツ屋」「Tシャツ屋」「携帯屋」は許容できますか。

メモ:よく見る「○○屋」

八百屋・肉屋・魚屋・果物屋・靴屋・薬屋・花屋・本屋・めがね屋・家具屋・電気屋・居酒屋・タバコ屋・ふとん屋・畳屋・自転車屋・車屋・ケーキ屋・お菓子屋・不動産屋…

余談:「屋」だけでなく「店」もお店を表す言葉ですね。両方使える場合もありそう…。例:喫茶店・カラオケ店・仏具店・クリーニング店…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です