手書きとフォント

漢字の見た目 いろいろ

漢字を教えていて、手書きの文字を見ると、「どうしてそこに注目して書くのか」と思うことがあります。その一例をご紹介します。

「ひと」と「はいる」の漢字

各種フォントと手書きに近いフォントを表にまとめました。メイリオ、丸ゴシック、明朝は、ほとんど同じ形をしています。「人」は両方の線の起点が一番上にきています。「入る」は上部に横線があります。両者が違うということは分かります。

その次のポップ体は、「人」は左右の線の長さの違いが現れていますが、「入る」は先の3つのフォントと近く、上部の横線があるように思います。

最後に、教科書体とKanji Stroke Orderです。Kanji Stroke Orderはフリーでダウンロードできるフォントで、筆順が番号が振ってあります。(ただし、かなり拡大しないと数字自体は見えません)この2つは「人」「入る」ともに、左右の線の長さとそれぞれの位置の違いがわかります。日本人が意識する違いはこのフォントに現れている部分です。

学習者の文字の特徴

自分が板書して違いを示すときは、それぞれの線の長さや、どこがつながっているか言うわけです。しかし、フォントの影響か認識の違いか、あまり伝わっていませんでした…。上の図の「学習者」のように書いていました。マウスで書いたので歪んでいますが、手書きの場合、私の理想の文字は右のものです。左のものはかろうじて許容できそうですが、試験で丸にできるかどうか…。

活字で読む・手書きで練習

確かに「上部の横線」は「人」と「入る」を区別する上で、フォントを見る限り、重要なポイントです。目で見て、活字を読みとるときには、線の長さは重要な区別のポイントにならないのです。残念…(´・ω・`)と思いますが、「活字(フォント)」と「手書き」は似て非なるものというのを注意しならないと気づきました。

このご時世で手書きは不要、ということも考えてしまいますが、「書いて覚える」ことをすると思うので、そういうときに何で練習させるのが良いのか…と考えてしまいます。日常生活では、ゴシックや明朝のフォントを見かけることのほうが多いと思うので、理解は必要ですね。ただ、そういう活字っぽい手書きの文字を見ると「うーん(^_^;)」と思ってしまう気持ちもあります。この気持ちは何なんでしょうね(笑)

活字と手書きで違う漢字の例

フォントによりますが、思いつくままに…

八・冷・食

*「令」の部分は、子供の頃、どちらでもいいと教わった記憶もあります。

「手書きとフォント」への2件のフィードバック

  1. 日本語学習者に紛らわしい、中華フォント使用のサイトが多いですよね。
    私は生徒達には、教科書体で資料作りをしています。
    漢字だけでなく、ひらがなで、き、さ、ふ等、限がないです。

    1. 書き込みありがとうございます!
      日本語で使われていない漢字などが使われていると困りますね。ネット上では、日本語のフォントが適切に表示されないこともあるので、難しいところでもあるんですが…。
      手書き文字をきちんと覚えてほしいときは、私も教科書体を使用しています。ただ、教科書体と本当の手書き文字の差に悩まされることもあります…(汗)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください