絵カード作成に革命?!

Autodrawというサイトは、自分が適当に書いた絵から、理想の絵を導き出してくれます。AIを使って画像処理を行うもので、Googleが開発しました。絵が苦手な人でも簡単に思い通りのイラストが作成できる日も近いかもしれません!Start Drawingで始めます。

猫をかいてみました。上部の「Do you mean:」のところに導き出された結果が出てきます。細かい表情なんかは抜きにして、「猫」として認識されていることがわかります。全体として「目」に見えるのか…とつっこんでしまいますね。

こういう雑な感じでも「眼鏡」のきれいなイメージが出てくるので、絵に自信がない人も、私のように雑な絵しか描けない人も楽ですよね。線画でもかなりきれいなのでいいですよね。

日本語教師が自作の絵カードを作るとしたら、市販のものにない動作のものなどが欲しくなると思います。そこで、動きのある絵を描きました。実際あんまり動いている感じはしませんけど(笑)結果は…ザリガニ!!ロブスター?!まだまだ結果に出てくる画像にそんなに幅がないんでしょうけど、何でもかんでも自分の思い通りにとはまだまだいかないようですね。

結果に現れる絵は誰かが描いたものです。一覧になっていました。もしかしたら、自分の理想とする絵に出会えるかもしれませんね。(^o^)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください