やりたいことを掘り下げて話す

願望の「~たい」を使った短い会話のやりとりです。状況を入れ替えて、相手に何をしたいか聞きます。それで終わるのではなく、疑問詞を使って、会話を続けさせます。「~たい」をずっと使う必要はありません。

「寒いです」以外は、最初の問いを「~たら」を使った文にすると、より自然になると思います。文法は「~たい」ですが、それ以上に話を展開させるために疑問詞を使ってほしい、そう思って作ったものです。(^^)

A4の用紙に印刷すると、半分に切って2枚出来上がります。

Vたい+疑問詞 [Word] [PDF]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください