『みんなの日本語初級』シリーズ

みんなの日本語 初級1 第2版 本冊』『みんなの日本語 初級2 第2版 本冊

言わずと知れたシリーズです。広く使われているからこその批判もありますが、最初にこれで教えておくと、なんとなく初級の全体像がつかめる気がします。私は2版は1冊目だけ、1版は上下とも使ったことがありますが、全部の項目を扱ったことはありません。

個人的には、表現の提出順序があまり好きじゃない部分もあります。様態の「そう」はもっと早く出してほしいとか、強調構文の提出位置が気に入らないとかですね(笑)

『教え方の手引き()』も第2版の発売に伴って刷新されたようです。まだ持っていないんですが、これをそのまま利用すればうまく教えられるわけでもなく、ちゃんと自分で考える必要があるでしょう。

絵カードのデータ版である『絵教材CD-ROMブック1』『絵教材CD-ROMブック2』もあります。これはまあまあいい値段ですが、スライドを使う方にはお買い得だと思います。語彙の導入には役に立つかな…。ただし、第1版のときにあった絵がなくなっていたり、逆に増えているものもあるので、使う際には注意が必要です。

その他、漢字、聴解、読解、作文、文型練習帳、標準問題集、各国語の文法・翻訳解説、練習Cイラスト集、導入イラスト集などがあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください