『シャドーイング日本語を話そう』

 

シャドーイング 日本語を話そう 初〜中級編 [英語・中国語・韓国語] 』
シャドーイング 日本語を話そう 初〜中級編  [インドネシア語・タイ語・ベトナム語版]

LL教室で初級の聴解を教えていた時に使った本です。1つのセクションに約10の会話があり、ほとんどが一往復の短い会話です。ですます体のフォーマルな話し方が基本で、友人同士のカジュアルなもの、教師・学生のような混ざったものもあります。私は進度に合わせて、セクションの内容を入れ替えて、独自のセクションを作って、学生にプリントを配布しました。並べ替えるので最初は大変ですが、1つの冊子にしておけるので、あとあと重宝します。最初に、この本の説明を参考にして、こちらのイラストとともにやり方を説明しました。「継続は力なり」とも書いておきました(笑)あとは、実践あるのみです!!

クラスで使ったので、流れは次のとおりです。長い時間をかける活動にはしておらず、10分弱です。

  1. 予習ができるなら、予告をしておき、次回までに確認しておく。
  2. 今日のセクションの文と意味を確認する。順番に指名して、1文ずつ読ませる。
  3. CDを聞く。目で追って、音に集中する。まだ声には出さない。
  4. 全体でシャドーイング。(1~2回)
  5. LL教室などの場合は、ブースで繰り返し個人練習。そうでなければ、クラスを半分をパートA、残りをパートBにして練習。
  6. 最後はプリントを見ないで、シャドーイング。

会話文自体は、短くあまり変化がないので、単調に進めると飽きます…。活動形態(全体か個人か、パートごとか全文か、など)を変えて、バリエーションを作るのが効果的だと思います。( ・д・)「シャドーイングしますよー」と言って冊子をピラピラ見せれば、みんなも思い出して出してくれます。隔週で授業のはじめにやっていましたが、その流れができていると、始まるときに出している学生もいました。(^_^;)あ、でも今日はやらない週なんだけどな…と思ったりして申し訳なく思うこともありました。もちろん毎週やるのもよいでしょう。

余談ですが、レビューに「アニメ声」と書かれていて、最初は使うのを躊躇してしまいました。聞いてみると、たしかに女性の方はその傾向が強い気がします。でも、多少大げさにやるほうが、やっている本人たち(大学生)は楽しそうな感じでした。現実にそういう極端な発話をするかは本人次第ですしね。「わ~、おいしそう」なんていうのは盛り上がります。あとは、シャイな学生が多い場合、どう盛り上げるかです。(*´-ω-`)もうこちらも恥ずかしがっていられません!!最初は教師主導で声を出し、声が出てなければ「聞こえませーん」と言ったりしました。慣れるまでが勝負かもしれませんね。

Amazonのレビューでは、翻訳があまりよくないというコメントも多いので、よく見てみてください。初級編はベトナム語も出たので、ベトナムでも使用しました。

続編もいろいろ登場しています。

 

『シャドーイング 日本語を話そう 中~上級編』

 

『シャドーイング 日本語を話そう 就職・アルバイト・進学面接編』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください