ピザの名前でカタカナの読み練習!

ピザのチラシ

よくアパートのポストにピザのチラシが入っていました。( ・ω・)「生教材として使えそう…」と思って、入るたびに保管していました。しかし、ピザのチラシは毎回進化していたり、その時のキャンペーンによって内容が違うこともあって、なかなか使えませんでした。でも、これだけ頻繁に届いているのだから、「1回ぐらい頼めたらな…」と思っている学習者がいるかと思い、授業で取り扱うことにしました。学習の目標としては、「電話で注文する」という典型的な流れをとらえることです。

ピザの名前は…英語?

私が使った某宅配ピザ屋さんのチラシには、ピザの名前がカタカナと英語で書かれていました。よく考えると、笑えます。まず、ピザの名前が読めないことには注文できないので、某宅配ピザ屋さんのチラシをもとにスライドを作りました。「食材の絵や写真」→「ピザの名前(カタカナ)」→「英語表記」という順に見せていきました。

カタカナを読む・英語を見て笑う

日本語で意思疎通ができる人たちでしたが、「電話で注文する」以前に、カタカナも読むのがつらそうでした。「フィッシュ」など、「フ」は読めても「フィ」が出てこないということもありました。カタカナを苦労して読んだ後に、英語を出すと、「あ~」とか「えー?!」と言ったり、意味がおかしくて笑いが起きることもありました。2回くらい全員で練習してから、本題に入りました。

カタカナの練習・復習のために

当初は、日本で生活する外国人のために始めたこの「ピザの名前」の練習ですが、カタカナを学んですぐの学習者にも練習の1つとして面白がってもらえました。ただ、これは「日常で使える語彙」を覚えるものではなく、あくまで「カタカナに慣れる」ためのものです。なので、ウォーミングアップのときや、時間が余ったときに使うと良さそうです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください