聖徳太子ゲーム

聖徳太子の逸話

日本人なら誰でも知っている聖徳太子。彼は10人が話していることを聞くことができたと言われています。処理能力に優れていただけで、こんな同時に話すことを聞けていたのかは定かではありませんが…(^_^;)私たちも聖徳太子になれるのか…これはそんなゲームです。10人は無理なので、3人ぐらいならできそうですね。

やり方

1)3人の発話者を選ぶ。

2)3人の中でどの言葉を言うか決める。

3)同時に3人が言い、聴衆は3つの言葉を当てる。

やってみましたが、2語ぐらいは聞き取れますが、3語を一度に捉えるのはなかなか難しそうでした(笑)。授業時間が余ってしまったら…と思って準備したものです。
発話者は自分の発音に注意しないと、回答者を困らせてしまうでしょう。ただのゲームですが、「相手を意識した発音」を心がけるようにさせるのも目的の1つです。

パワーポイント、語彙リストはこちらにあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です